スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年11月 原画展のご案内

10月30日は、オランダ生まれのリコーダーの神様にして

古楽器ブームの先駆的指 揮者フランス・ブリュッヘン(1934-2014.8.13) の誕生日。

リコーダーを志す人なら、 その奏法や演奏する姿形まで真似しない人はいないカリスマでしたね。

ブログ1
ブリュッヘンはリコーダー奏者としては81年に引退。

現役時代の楽器の多くは、日本のフルート奏者・ 有田正広さんが譲り受けたそうです。

指揮者としてのブリュッヘンはオランダで「 18世紀オーケストラ」を創設して来日もし、

度々新日本フィルも指揮して喝采を浴びて名演奏をたくさん遺しま した。

NHK教育テレビ「ふえはうたう」で出演指導されていた上杉紅童さんの、上半身をフレーズごとに大きく揺らすお姿に、面白がって真似していた子どもたちは多いことでしょう。

今思えばそのお姿はブリュッヘンそっくりだったかもしれません。

ブログ2

上杉紅童さんと雨田サンの演奏では 

廣瀬量平《ポータラカ[補陀落] アルト・リコーダー、

チェロ・ハープのための (1972)》や、

雨田サンのチェロの通奏低音も素晴らしいコレッリ《ラ・フォリア》の録音が残っています。

聴いてご覧になりたい方は、

11月18日金曜日から沼袋で行われる

〈音楽とあそぶネコたち~雨田光弘創作70年の軌跡〉原画展会場で

お聞かせいたしますよ。

20156原画展チラシ3-1

20156原画展チラシ3-2

クリックで大きくご覧いただけます

スポンサーサイト

原画展のおしらせ

府中の森芸術劇場で、

ボクの原画展はじまりました


FullSizeRender (2)


12年間、劇場のために描いた原画

132点を公開しています

新聞


5年に1度だけ公開される原画群なので

貴重だと思いますので

ぜひ遊びにきてください


みつひろ

ガット弦を張りました

先日バロック・チェロの方が見えてガット弦を分けてくれました。
ガット1

鳴らなくて困っていたほうの楽器(左)に張ってみたら、
ガット弦の方がこの楽器は鳴るようです。
ガット2

ふつうの金属弦は音量を弓の圧力で出すけれど、
ガット弦は音量を弓のスピードで出す感じ。
右側はgattaという名の、若いときに弾いていた楽器。
チェリストの甥っ子に長いこと貸していて戻ってきました。
日フィル時代はこれで弾いていたけれど、音も若いなあ。
ガット3
銘柄はイタリア語でメスネコという意味だと最近知ってびっくりです。
このトラ縞がきれいでしょう。
ボク、ほとほとネコに縁があるなあ。

節分

節分の豆をたらふく食べた鬼。


oni11.jpg

oni22.jpg


これから国分寺市の観音寺さんのもとへ鬼除けとして出張してもらいます。

調布市仙川 東部公民館で

中野区沼袋でのアマネコ40周年記念原画展の直前ですが、
調布市仙川の東部公民館の催しで、こんなのもあります。

こちらももう11回めになりました。

演奏のときも、事前申込みだけど、入場無料です。

11.jpg

カレンダー画は遅くまでやっていますので、よかったら見に来てください。

12.jpg
プロフィール

雨田光弘

Author:雨田光弘
1935年東京生まれ。桐朋学園大学卒業後、日本フィルハーモニー交響楽団に入団。首席チェロ奏者として活躍後、ソロ・室内楽活動の一方で、幼少より才能を発揮していた絵の創作で一躍名を知られる。楽器を弾く猫や動物などのモチーフは、多くの著名演奏家や音楽愛好家にも愛され、ネコ好きにはたまらない魅力の作品を数多く描き続けている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。