スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご挨拶

初めまして。雨田光弘です。
ここでは、ボクの描いたネコたちを紹介していくことにします。
ボクの手から生まれたネコのことを、
自分では“あまネコ”と呼んでいます。
“あまネコギャラリー”では、
一歩踏み込んだら楽しく過ごせる場所になったらいいと思って、
自分の好きな絵を並べていきたいと思います。

この作品のタイトルのように、
ソリストのヴァイオリン弾きの半分はそう思っているにちがいありません。
反面、この世でいちばん下手なのだと思っている人もいるでしょう。
ちなみに、チェロ弾きはチェロ弾きが大きらいなのです。

いい作品に出来上がるか、作品がどこへどのように落ち着くのか、
絵には運勢があるらしいです。不思議なものです。
この作品は、府中の森芸術劇場の会報誌の表紙絵として描いたものだったと思います。
この会報誌の表紙絵には、
必ずそのシーズンに出演するアーティストをイメージして描いているのです。
誰だか想像してください。

amaneko1mini


あまネコ1顔


作品タイトル
『自分はこの世で一番巧いヴァイオリニストだと、僕は思っているのだ』
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雨田光弘

Author:雨田光弘
1935年東京生まれ。桐朋学園大学卒業後、日本フィルハーモニー交響楽団に入団。首席チェロ奏者として活躍後、ソロ・室内楽活動の一方で、幼少より才能を発揮していた絵の創作で一躍名を知られる。楽器を弾く猫や動物などのモチーフは、多くの著名演奏家や音楽愛好家にも愛され、ネコ好きにはたまらない魅力の作品を数多く描き続けている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。